ため子の日常。: 3月 2014

2014年3月29日土曜日

ため子がAI(人工知能)の未来についてエンジニアチームと考えるよ♪

こんにちは。皆さんお元気ですか?ため子はとっても元気だよ!


皆さんアスキー・メディアワークス発行のビジネス誌アスキークラウド5月号2014年3月24日発売号」を読んでくれたかな?5月号は「インターネットも終わってた」と大変衝撃的な特集が目を惹くこの雑誌。なんとTameccoの開発する人工知能が大々的に取り上げられたんですよ。







それにしても最近よく聞く人工知能(Artificial Intelligence:AI)ってなんだろうね?



ということで、今回はチームエンジニアにインタビューして来たよ♪



エンジニアチームさん、いつも夜遅くまで人工知能の開発っていったいなにしてるんだ!?AIってざっくり言うと何だ?



「例えばさ、ため子ちゃんが鬼上司に『おまえ仕事遅いな。罰として焼きそばパン買ってこい!』って頼まれるよね。」



なにその突然のパシリなため子、可哀想。



「ため子ちゃんが近くのコンビニに買い出しに行くよね。総菜コーナにはパンがいっぱい。その一つに焼きそばパンが陳列されているよね。その隣には『牛乳パック』が並んでる。便利じゃない?」



そうなのである。すべからく「すべての焼きそばパンと白い牛乳」は黄金コンビなのである。100%正しいのである。



「そのコンビニでは、過去の購買データを分析すると

『焼きそばパン』を買う人は高い確率で『牛乳』を買う

ってことが統計的に分かっているんだ。お店の店長は『焼きそばパンの棚の側に牛乳を陳列しておけば、お客さんにもお店にとっても利便性が高い』ってことだよね。」



なるほどね。あれかな?アマゾンのおすすめシステムみたいなものかな?
あ、そう言えばこの間アマゾンで「1人用鍋」を買ったんですよ、ため子。そしたら「1人用炊飯器」「1人用ソファー」「1人用テント」とかやたら1人用をおすすめしてくるけど、人工知能ってこういうことか?



っていうか、ため子は完全にアマゾンさんに「寂しい女」と学習されている?
アマゾンさんっ。どうしてよ?あれ?なんだろう?涙がとまらない。



「まあ今までは、店長さんが『長年の勘』とか、『商売のセンス』とかとてもファジーな感覚でそれをざっくり行っていたんだ。例えばため子ちゃんを見て『ファミリータイプの車じゃなくてお洒落なツードアの車をお勧めしよう。もしかしたら近場のショッピングがメインの軽自動車かな?』とかね。」



でも、その長年の勘にだって当たり外れもあるよね。だってため子はね、そもそも車なんて持たなくてもいいんじゃないかな?って最近思うよ。ちっともエコじゃないし。


「最近の都会に住む20代の人は、高いエコロジー意識もあって車を持たない選択が人気なんだね。ため子ちゃんも自転車派か?」



…...まあ運転は下手だし。ママチャリでもいいかな?



「まあ確かに車を持たないっていう選択もあるように、日本の消費者も多様性が増して消費行為も洗練されているよね。いろいろな種類の消費者にいろいろな行動パターン。そしていろいろな購買パターン。特に次世代スマートフォンユーザーの消費活動では、購買活動の断片化やスピード化が増しているから、今まで培ってきた商人としての勘が役に立たない事もあるんだ。でもそんな次世代型の消費者行動にGPS情報を紐つけ、全部すばやく学習してくれるツール、それがTameccoの開発する人工知能だよ!」



なるほど!便利だね。そして面白いな。



「よく『ロボットが人工知能を手に入れれば、人間なんて必要ない』なんていう議論もあるけど。間違えて欲しくないのは、消費者と店舗のコミュニケーションはとても大切なものだということ。人間と人間のコミュニケーションをなくし、機械化すること事が目的ではないんだよ。人工知能を使って、人間同士のコミュニケーションをさらに密になるように、皆さんの手助けしたい。それがタメコ開発チームの願いだよ。」



そうだね!次世代の技術の開発は本来そういう哲学がないといけないと思うよ。



だって1人用の鍋を買ったからって1人で暮らして行くわけじゃないんだから!
いつかは2人用の鍋も買うんだからっ。みんなも人工知能を持ったロボットと一緒に鍋を食べたりする世界はいやでしょう?人間同士がもっと分かり合える世の中にするために、素晴らしいテクノロジーを構築するべきですよ。タメコチームも頑張ろうね。



「そうだよね。まったく新しい次世代の人工知能の開発は、人間にそっと寄添うようなあったかい存在を作りたいと思うんだよね。まるで恋人みたいに!」


Tameccoのアプリが「恋人以上のコンシェルジェ」として紹介されましたよ♪




素敵!そんな世の中もうすぐくるのよ。チームTameccoエンジニアチームが頑張るからね♪



......ということで、ため子はこれから人工知能の普及を目標とした、新しいPRチームを立ち上げることにしましたよっ。このプロジェクトを名付けて「AIT: Artificial Intelligence Tamecco」



Tameccoエンジニアチームの設立にゆかりがあるMIT(マサチューセッツ工科大学)にちなんだこの「AIT」。これから日本の人工知能開発に関する普及活動を、このAITメンバーが中心になって行いますよ。



これから「AIT」ではTameccoと世界の人工知能開発最前線をレポートしながら、皆さんとも活発な議論していけたらいいな、と思います。詳細はTwitterFacebookなどに更新しますので、是非「AIT」のフォローをお願いしますね♪



ため子もAIT48のセンターを目指して(?)がんばりますよ。そしてみんなと一緒に素敵な未来を描けたらいいな!



後輩のYさん「ため子先輩、AIT48でセンターを目指すって、なんかやらかして博多に行きたいんですか?」



えー!?でもため子はTamecco博多支店設立したら支配人になりたいけどさ♪だって博多ラーメン美味しいよね☆明太子も大好き。うまかもん♪



それではまたね!



人口知能でポイントをためこ♪

ため子
アプリダウンドロードはココから↓↓
iPhoneのお客様 

Androidのお客様 
===============================================


商   号  :タメコ株式会社
代 表 者  :代表取締役 オー・ジョナ
本社所在地  :東京都港区東麻布3-8-2 麻布マルカビル4階
設立年月日  :2012年5月21日
主な事業の内容:人工知能に基づく店舗向けO2Oアプリ「Tamecco」の開発及び運営
資 本 金  :4091万円


■ 本件に対する問い合わせ先
タメコ株式会社 担当:山下 徳正
TEL 03-6435-5558 / Email info@tamecco.jp

アプリダウンドロードはココから→ Androidのお客様  iPhoneのお客様

2014年3月19日水曜日

高田馬場にあるマリカでミャンマー少数民族カチン族の家庭料理をため子が紹介するよ♪

みなさん、こんにちは。ため子です。みなさん元気ですか?


ため子が働くタメコ株式会社では、おかげさまでサービス加盟店さまが続々と増えています。自分の信念や哲学を凝縮した小さなレストランや商店のオーナーさんが、次々とTameccoのサービスに賛同してくださるのは、ため子にとっては大変名誉なことです。みなさんのお力になれるように、そしてお店の宣伝ができるように、ため子はこれからも頑張ります♪


そして多種多様な業種の、個性豊かなオーナーと触れ合うことができるこのお仕事は、毎日とっても刺激的!今日はそんな中でもちょっと珍しいオーナーさんを、ため子が紹介するよ♪




この方ですよ。
日本語もとっても流暢!とっても優しいミャンマー人デビットさん(DAVID MAUNG)♪


高田馬場にあるミャンマー料理「オリエンタルキッチンマリカ」のオーナーです。
ここはなんとミャンマー北部カチン州少数民族「カチン族」の家庭料理専門店なんです。


ところでみなさん、高田馬場はミャンマー人が集う街って知ってました?130以上の少数民族からなると言われる多民族国家ミャンマー。「カチン語」による礼拝がある東京平和教会が西早稲田にあるため、ここ高田馬場は沢山の在日カチン族の心の拠り所になっている街なんだそうです。


それにしてもカチン族ってどういう民族なんだろう?カチン族の家庭料理って?
ということで今日はオリエンタルキッチンマリカを取材してきましたよ♪

とっても家庭的な雰囲気&清潔な店内


お店にはいるとちょうど仕込み中。香辛料のとってもいい香りが広がっています。あれ?カチン族の料理ってなんだか懐かしい感じがするな。見た目も食材も和食に近いです。


デビットさん「そうだよ!日本人とカチン族の料理って食材が驚くほど似ているんだよ。たとえば世界中でネバネバ納豆好きなのはこの2つの民族くらいなものだよ。」


え?納豆食べるの?日本人みたい!


するとすべてビルマ語で書かれた裏メニューを差し出すデビットさん。
ここの納豆料理は知る人ぞ知る裏メニュー。在日ミャンマー人に大人気なんだそう。

語学が得意な人は裏メニューを頼んでみよう!そこはディープな世界♪


デビットさん「調理方法も和食とよく似ているんですよ。僕も来日してびっくりしたんだけどね。油を使わずに煮たり蒸したり。とにかくカチン族も日本人もとってもヘルシーなんだよね。」


「あとね、日本に来日してびっくりしたのは、モツ煮込みかな。これはねカチン族も大好物だから。僕もいろいろな国で暮らしたことあるけど、内蔵煮込みの調理方法を洗練させて、立派な料理として確立した民族って実は少ないからね。カチン族のモツ煮込みもちょっと食べてみて!ちょっと日本人版モツ煮込みと似てるでしょ!?」




あらー美味しい。ちょっと大人の辛みをぴりりと効かせてあるね。これはお父さん達のビールが進みそうだなぁ。


「辛いスパイスやハーブを使うのは中華圏の食文化の影響だよ。雲南省がお隣の国なんだよ。」


カチン州はミャンマーの最北端にあって、中国と国境の州。カチン族の料理って今流行のフュージョン料理みたいだね。


「これはカチン族のまぜご飯、是非食べてみてよ!」


あれ?竹の子、きのこ、ワラビ、ショウガ、どれも日本にある「山の幸」。おこわみたいで美味しいな。


「これは僕のアイディア。石焼ビビンバみたいに熱々の鍋で暖めることで、日本のほかほかおこわに近い形でお出ししてますよ!ほら、日本人っておこげが好きでしょ!?」


石焼ビビンバのようなおこわは日本人の大好きな山菜と鶏肉がいっぱい!
うん。この香ばしさが癖になるんだよ。美味しいなあ。


あら、キッチンを取り仕切っている女性は奥様?美人さんだな!
「カチン族は美人が多いと思うわよ。それにカチン族は日本人によく似てるって言われるわ。」



カチン族の女性はこんな感じ!
民族衣装を着ている美人歌手のレベッカ・ウィンさん。
確かに日本人の女優さんみたい!
カチン族の女子とお友達になりたい男子は高田馬場に急げ!

(写真出典:ビルマのカチン州・シャン州での出来事 written by 菅光晴)


あらなんだかため子、カチン族の村に遊びに行きたくなったなあ。なんだかDNA的にも近いんじゃないかしら?カチン族の人って穏やかでなんだか親戚の家にいるみたいだし。


「でもね、ため子ちゃんみたいな日本人の若い女性が観光で遊びにいくには、とても難しい治安状況にあるんだよ。」


国際政治に詳しい皆さんは既にご存知のように、ミャンマーは1962年、軍政権がクーデターを起こし、憲法議会を廃止。軍事政権が実権を握ると同時に、早急な近代化を押し進めます。この結果、国連などの人権擁護団体が指摘するように、少数民族に対する迫害行為が問題になっています。故郷をおわれた多くのカチン人は、不本意ながらも国際難民となりました。高田馬場に集うミャンマーの人々の中にも、混乱を逃れ日本に移民して来た少数民族の人が沢山いるそうです。


2012年1月にミャンマー政府がカチン独立機構(KIO)と和平交渉を始め、停戦協定を集結した現在でも、いまだ爆破テロなどの悲惨な事件が絶えず、多くの子供も含む民間人が犠牲になっています。これを受けて外務省の渡航情報(危険情報)でも、カチン州を州都ミッチーナを含め全土が「旅行制限区域」に指定されています。(2014年3月現在)


「‥‥‥そうなんですか。ため子、よく知りませんでした。デヴィッドさんの故郷の村にも早く子供達の笑顔が戻りますように。」


「そうですね。私たち日本で暮らしているミャンマー人は、このような悲しい歴史を乗り越えて、なんとか次の世代の子供達に自分たちの文化を伝えたいと思っているんです。
高田馬場で生まれ育ったミャンマー人の子供達は、私たちの故郷と新しい未来の架け橋です。この日本で勉学に励んで、難しい困難を乗り越えて、いつか平和の光を灯してくれるといいですよね。」


「ううう。(泣)頑張ってくださいね。ため子も応援しますよ。」


「もともとカチン族は素朴な山岳地帯でつつましく暮らす農耕民族でありながら、識字率も100%の勤勉な民族なんだよ。山に入れば豊富な山菜、そして翡翠など豊かな鉱物資源に恵まれた土地が自慢なんだ。地理的には中華圏だけど、歴史的にはイギリス植民地の影響で敬遠なキリスト教民が殆ど。多様な歴史と文化が混ざり合い、食文化もそれを反映してるんだよ。ここ高田馬場でレストランを経営しながら、なんとかその素晴らしい食文化を次の世代にも伝えて行きたい、そんな想いもあるんです。」


そうか。食文化はその民族の根底をなす大事なもの。デビットさんのこのレストランに懸ける決意が伝わってきますね。この異国の地で、カチン族の味と文化を大切に守ってくださいね!


さあカチン族の味を堪能したため子、ポイントを貯めてまた遊びにくるからね♪



blog用 (1).png
ただ今お得なキャンペーン
10回ランチで次回無料実施中。

(特典は2014年3月現在のものです。特典内容は時期によってかわることもありますので予めご了承ください。)


アプリダウンドロードはココから↓↓
iPhoneのお客様 

Androidのお客様 


それではみなさんも人種のるつぼ高田馬場にある「オリエンタルキッチンマリカ」に是非遊びにいってね!


カチン族の料理をたべてポイントをためこ♪
ため子
==============================


JR高田馬場駅前でミャンマー北部カチン族のご夫妻が切り盛りする、ボリューム感満載のカチン族家庭料理のお店。ランチは日本人学生やオフィス街で働く人で溢れ、夜になるとミャンマー人の憩いの場に様変わり。日本人に大人気のミャンマーの伝統的なドライカレー風料理「ダンパッウ」を始め、丁寧に煮込まれたシチューメニューなどがあり、ビルマのビールと一緒にお召し上がれます。週末にはビルマ語で熱唱するカラオケタイムもあり、ディープで楽しい空間です。オーナー夫妻の心のこもったきめ細かいサービスと、日本人の口にあうおいしいカチン族の料理を是非お楽しみください。



営業時間
ランチ     11:30~14:30
ディナー    17:00~24:00(L.O.23:30)
定休日:月曜日(祭日の場合は営業)
住所・アクセス(地図を見る
東京都新宿区高田馬場1‐25‐29 3F
東西線7番出口から徒歩30秒/JR高田馬場駅早稲田口より徒歩2分

2014年3月14日金曜日

ため子より新しい資本・業務提携をお知らせ致します

かねてより交渉を重ねてまいりました夢の街創造委員会株式会社との資本・業務提携が、平成26年3月13日に締結いたしましたので発表いたします。



写真.PNG

Tameccoのサービスを使用すれば
加盟店のメンバーズカードやポイントカードを携帯電話に貯められます!


この業務提携により、夢の街創造委員会が運営する出前館の加盟店11,000店舗超の顧客基盤を活用しながら、タメコが開発する人工知能システムを活用したデジタルマーケティングを展開していくことが可能になりました。これからは両社の経営資源の補完を最大限に高めながら、よりよいサービスの開発に邁進する所存です。



写真 (1).PNG


お散歩中にもGPS検索でお近くの加盟店が楽々表示


この資本・業務提携におきましては、現在ご契約頂いておりますTamecco加盟店様よりも励ましのお言葉や数多くの貴重な御意見を頂戴いたしております。この提携により、Tamecco加盟店コミュニティが全国に広がる基盤が整い、より大きな規模のデジタルマーケティングが可能になります。加盟店同士が相互に高め合い、加盟店のポイントカード会員の稼働活性化を促す新しいマーケティングキャンペーンが全国規模で展開できるよう、今後も加盟店様の御指導のもと努力を重ね、新しいサービスの開発に尽力したく思っております。これからも変わらぬご指導ご鞭撻を頂戴したくお願い申し上げます。


写真 2.PNG

お得意様へのご来店ありがとうメールはお得な割引クーポンを付き!



また、Tameccoアプリをお使い頂いておりますユーザー様には、全国の加盟店でアプリをご使用頂ける基盤が整いました。いつでもどこでもポイントや特典を携帯電話に貯めて頂けるような便利で快適なモバイルサービスを目指し、チームが一丸となり努力を重ねて参ります。今後ともご支援とご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。



写真 5.PNG

ため〜る機能で、ケータイにお得なクーポンがどんどん貯まる


これからも皆様方には両社ご高承の上今後とも変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。
ケータイにポイントを貯めてお得な特典をゲットしよう♪

これからもため子のブログをよろしくお願いします♪
ため子


================================

商   号  :タメコ株式会社
代 表 者  :代表取締役 オー・ジョナ・ドンギュ
本社所在地  :東京都港区東麻布3-8-2 麻布マルカビル4階
設立年月日  :2012年5月21日
主な事業の内容:人工知能に基づく店舗向けO2Oアプリ「Tamecco」の開発及び運営
資 本 金  :4091万円



■ 本件に対する問い合わせ先
タメコ株式会社 担当:山下 徳正
TEL 03-6435-5558 / Email info@tamecco.jp


アプリダウンドロードはこちらから
Androidのお客様 
iPhoneのお客様