ため子の日常。: 港区三田にある陶芸スクールうづまこ陶芸教室で、ろくろを回しながらため子が日常にある美を追求するよ!

2013年8月23日金曜日

港区三田にある陶芸スクールうづまこ陶芸教室で、ろくろを回しながらため子が日常にある美を追求するよ!

こんにちは!ため子のブログ「ため子の日常。」へお越し頂いてありがとうございます♪
世間ではお盆休みだそうですがタメコチームの皆さんは通常通りの運転。暑い中たくさんのプロジェクトを前に頑張っていますよ。


ところでため子は広報部PR所属ですが、ただ今様々な業務でデザイン制作を手伝う仕事もしています。お客様が初めてタメコと触れるのは会社の顔となる広告やアプリのデザイン。だからシンプルで機能的、かつ大胆で面白いデザインを求め、日頃から美的センスを磨くようにしているんだ。それには美術品を見たり最先端のデザインに触れたりすることはとっても大切だよね。そこでそんなため子が新しいアート制作系の趣味をずっと探していると聞いた会社のご意見番T氏が新しい趣味の場所を紹介してくれました!暑い日だけど取材も兼ねてちょっといってきまーす。


さてここが港区芝公園の近所、慶応大学のある桜田通り裏にあるうづまこ陶芸教室です。


うづまこ陶芸教室は国内外で活躍する現役の作家アーティストさんが生徒さんの自由な要望にお答えしながら親切に陶芸のイロハを教えてくださる新しいスタイルのスタジオです。陶芸教室というよりもアートやクラフトが大好きな人が誰でも気軽に立ち寄れる部室のような気さくな雰囲気!





こんにちは。タメコ株式会社から派遣されました広報担当のため子です。


するとなんととっても長身のイケメン外国人の方がお出迎えに!



この方Teimour Sabouri(テイムール・サブーリ )さん。イランネイシャブール出身。数学を学んだ後に25歳で芸術に転向するという異色の経歴ながら世界的な陶芸家の道をめざし陶芸大国日本へ留学。東京藝術大工芸専攻陶芸分野修士課程終了後、同大学院博士後期課程修了をした超インテリさんです♪ なるほど日本語ぺらぺらのはずですね。そしてなんだかとっても有名なアーティストさんみたいですよ、ほらNHKニュースにもご登場!


あ、あのー、た、ため子陶芸やったことないド素人なんですけど、大丈夫なんですかね?


サブーリさんによると日本の陶芸は歴史も長く素材や形や質感も地方によって様々。そこでうづまこ陶芸教室では30種類もある釉薬と様々な粘土をご用意。それを掛け合わせれば焼き上がりに色々な表情を出すことができるそうです。うづまこ陶芸教室の先生はそのテクニカルな方法を日々研究して熟知している現役アーティストさん。そして生徒さんの心にやどる美を作品として偶像化してくださる良きアドバイザーさんなのです。とっても優しいサブーリ先生と毛塚先生は東京藝大コンビで息もぴったり♪



それにしてもあーよかった、優しそうな先生達で。何十年も山にこもりきりで、弟子のこねる粘土を見て「だめだー!バカもーん!!」などと叫び、焼き物を床で割ったりする、そう、長髪でひげをはやした厳しい陶芸家では決してありません。(陶芸家のイメージってこんな孤高の天才みたいな感じだよね?)


それにしてもとっても気さくなサブーリ先生。自らシェフとなりイラン風味の「牧草カレー」を振る舞ったりして教室のパーティでも皆さんにも大好評だとか。それにしても牧草カレーってなんだ?サブーリ先生、ため子も今度食べたいです!


今回陶芸に初挑戦したため子。おもしろーい。ろくろも楽しい!


それにしてもこうやってろくろ回してるとなんか頭の中には映画「ゴースト ニューヨークの幻 」のテーマ曲が流れてるわ。http://www.youtube.com/watch?v=Gk0eVqsZ9G8 ほら、ニューヨークで暮らす陶芸家のデミ・ムーアが銀行家のパトリック・スウェイジと一緒にろくろを回す、あの有名なロマンチックなシーン♪

だ、だれよ。ため子のこと「残念なデミ・ムーア」とか言って笑ってるの。むしろデミ・ムーアそっくりでしょうが!ため子だって今集中してがんばってんだから笑わせないでよ。あーほら、歪んだじゃない!




*ブログ編集部より:デミ・ムーア様に似ている、と勝手に思い込んでいる弊社の勘違い社員「ため子」のことをこの場を借り深くお詫び申し上げます。


そんなこんなで大騒ぎしながらため子たくさん粘土をこねて泥まみれ!とっても楽しいレッスンをしてきました。レッスンの合間にも先生と生徒さんの沢山の素晴らしい作品を鑑賞。自分の作りたい作品のイメージもどんどん湧いてくるのでもっと挑戦したくなりました。



そして結婚式の披露宴・二次会のプチギフトや、引き出物制作コース、イランのタイル制作が学べるコース、アクセサリー制作コース、子供に陶芸を楽しく教える子供陶芸教室などいろいろな用途にも自由に対応してくださるうづまこ陶芸教室。特に子供の夏休みの宿題に悩むお父さんお母さん!うづまこ陶芸教室の夏休み自由研究コースでは金属の化学変化から陶芸の歴史、縄文式土器の作り方まで幅広く簡単に学べますよ。是非子供さんと一緒に参加してみてね。http://www.uzumakotougei.com/summerholiday.html



みんな上手だなー。


ため子はこんな感じで生まれて初めての陶芸体験を楽しく終えました。うづまこ陶芸の皆さん本当にありがとうございました。そして8月からタメコサービスの加盟店となって頂いているうづまこ陶芸教室さんでは生徒さんがレッスンの度にケータイにポイントが貯められます。みなさんも沢山の作品を完成させていっぱいポイントを貯めましょう。そしてうづまこ陶芸教室さんからいろいろな特典をゲットしてね!


アプリダウンドロードはココから↓↓
iPhoneのお客様 

Androidのお客様 

さてさて陶芸教室で学んだことさっそく会社のみんなに報告してきたよ♪


ため子「うづまこ陶芸教室で新婚さんが仲良く土鍋を作っていたんですよ。ため子もいつか未来の旦那さんと一緒に土鍋を作って新婚生活をスタートしたいんですよね。夫婦で作った土鍋でご飯を食べるってすごく贅沢じゃないですか?なんか2人で形造る新しい幸せの象徴って感じ。その土鍋で何十年も料理していくうちに家庭の味も土鍋にしみ込んで色も渋みをましていくわけですよ。素敵じゃないですか!」


K氏「 うん。そうだね。素敵だね。その前に旦那さんから探さないとね。」


デザイナーMさん「あのさ、ため子が未来の旦那さん探すのってすっごい時間かかりそう。その間に陶芸うまくなりすぎて人間国宝になれるよね。」


エンジニアCさん「まあ旦那さん見つかんなくてもレッスン受け続ければどっちにしろタメコポイントがケータイに貯まるからいいんじゃない?」


営業Gさん「旦那さん探している間に土鍋が山ほど作れますよ!俺1個もらう。」
営業Sさん「僕もしゃぶしゃぶ用鍋の1個くださいよ。」


え?なんでよ?ため子の未来の旦那さん、すぐみつかるでしょうが!あなたたちには土鍋あげないからね。麻布十番商店街のデミ・ムーアなめんなよっ! (੭•̀ᴗ•̀)੭


それでは!


ろくろを回してポイントもためこ♪
ため子


*ブログ編集部より:ただ今タメコ株式会社ではやる気のあるアプリ開発エンジニア数名、元気なアプリセールス営業担当数名、電話セールス営業担当数名、さらにため子を嫁にもらってもいいというマニアなお婿さん候補1名を大募集中!ちなみにため子は料理も仕事もできる25歳の「がま口系女子」です。(注:デミ・ムーアさんには似てません)採用詳細はココから http://tamecco.jp/ja/recruiting.html


=========================================


良心的な値段で気軽に陶芸が体験できる「うづまこ陶芸教室」は都営三田線三田駅、芝公園慶応大学すぐ近くという恵まれた立地条件にあり、沢山の生徒さんが学んでいるアートスタジオです。世界で活躍する現役の作家アーティストが直接指導する体験レッスンをはじめ、子供向けの陶芸教室、インテリアやオブジェを作るコースや結婚式の引き出物制作クラス、または泥をこねて精神的な安定を目指す「クレイセラピーコース」まで様々なコースをご用意。レッスンに必要なものはすべて貸し出し可。手ぶらで気軽に立ち寄れることからも近辺のオフィス帰りのOLさんにも大人気。プロ使用の道具や上薬であなたも日常で使える世界でたった一つの作品を制作してみませんか?


うづまこ陶芸教室

TEL:03-6809-6363
Email:info@uzumakotougei.com
〒105-0014 東京都港区芝3丁目29-11 シミズハウス1F
授業日:月、火、水、木、土、日曜日 (休業日:金曜日)祝日は営業しております。
電話お問合せ:10:00〜19:00
毛塚先生の展示会作品集♪とっても素敵です!
http://www.flickr.com/photos/yurikezuka/

0 件のコメント:

コメントを投稿